先日、flexy関連イベントとして開催された、第2回「Ex-CTO meetup」。

資金調達において、CTOは何を考え、何をすべきか?をテーマにCTO経験者同士のディスカッションが行われた。

今回は、当日深掘りし切れなかった内容について、ご登壇頂いたアカウンティング・サース・ジャパン株式会社の石川氏に、個別に話を伺った。

(前編はコチラ

内製化だけが正義ではない。状況により外製も選択

黒田悠介氏(以下、黒田):開発は現在は内製化していますよね。初期は外製だったと伺っています。

石川雄樹氏(以下、石川):そうですね。外製も内製も両方やりました。内製化した方がいいという意見も多いみたいですが、作るものが決まっていてその量が多い場合には外製はとてもメリットがある手段だと思います。

黒田:一方で、作るものが決まっていない場合は内製の方が良い場合が多いですね。

石川:アジャイルのようにフィードバックを得ながら良くしていく開発手法を採用していたり、言語化が難しい品質を求めるたりする場合には内製の方がいい。業務システムやERPのようなtoBのシステムの場合は外製化した方がいいケースもありますね。そうではない場合にリソース不足でどうしても外製化しなければならない場合なら、外製だけど同じメンバーが対応し続けてくれるラボ契約のようにした方がいいと思います。

黒田:状況によって外製化した方がいいケースがある、というのが興味深いです。CTOとしては「内製化は正義」のような一般論に逃げずに都度最適なやり方を考えてCEOに提案していく姿勢が必要ですね。

石川:そうですね。今は内製化していて、法改正への対応や品質向上を中心に開発しています。あとは技術的負債の縮小といった感じです。

採用すればするほど、判断基準を上げる?

黒田:採用はどういった形で関わっているんでしょうか?

石川:一次面接は全部私がやっていましたね。この四半期は一日だいたい4人に1.5時間ずつ面接するくらいコミットしていました。

黒田:半分以上の時間を採用に使っていたんですね。

石川:知名度がある会社ではないので、アトラクトの必要があるんですよね。最初はにこやかな感じで会社説明とかをして、不採用の場合はそれで帰っていただきます。でも通過の可能性があれば豹変してジャッジのモードに切り替えます。

黒田::ジャッジとアトラクトの時間をしっかり分けて取っているんですね。

石川:一次面接をアトラクトだけに使っていたらそれ以降の面接の通過率が低くてロスが多かったので、一次面接でもジャッジの時間をしっかりと取るようにしました。しばらくして僕が通したら最終まで100%行くという状態になったので、精度は高いと思います。

黒田:ジャッジのポイントってありますか?

石川:採用すればするほど基準が高まっていくようになっています。つまり、メンバーの平均値よりもレベルが高い人でなければいけないということです。以前は通っていた人も、今受けたら通らないことになります。最近は新たに入社してくる人たちの定着の方に注力しようと思って、面接に使う時間を減らしているところです。

黒田:採用へのコミットは減らしていくのですね。

石川:はい。今は製品責任者が一次面接をやっています。私はというとコードを書く時間が増えましたね。

黒田:石川さんがコードを書くようになったのはなぜですか?

石川:今は8月に出す新サービス(銀行・クレジット取引の自動取込)のバックエンドを26歳のエンジニアと組んで開発しています。Scalaで書いているのですが、これはJAVAでやってきた弊社にとってはチャレンジです。私自身もプロダクトをScalaで書くのは初めて。CTOが新しい言語やフレームワークを先陣を切って使っていくことでエンジニアチームの士気も上がってきています。

黒田:技術開拓も、技術に関する経営メンバーであるCTOの大事な役割ですね。

石川:そうですね。今回の開発ではナレッジを貯めて、ソースコードレビューとか勉強会を通じてエンジニアにフィードバックしていきたいと思っています。

黒田:資金調達、開発体制、CTOの役割、どれもフェーズによって最適解が変わってくるのがよくわかりました。本日はどうもありがとうございました!

CTO/Ex-CTO向けサービス「flexy

記事作成:黒田悠介・村上 亮太

撮影/高瀬 亜希

専門家:石川 雄樹(いしかわ ゆうき)氏 
アカウンティング・サース・ジャパン株式会社 取締役CTO
1972年生まれ。一橋大学卒業。
NTTデータ金融事業部にて米国、インドをまたがったソフトウェア開発のリードを経験。
2001年にリアルコムにエンジニアとして参加。同社の企業向け基幹パッケージの開発をゼロからリード。同時に複数の大規模ユーザーへの導入プロジェクトを成功させ、同社の上場に大きく貢献する。2006年、米国シリコンバレーで同社Webサービスを開発し、ローンチさせる。
2010年、アカウンティングサースジャパンに一人目のエンジニアとして参画。日本初の税務・会計クラウドサービスをゼロから開発する。開発とともに、同社の2回の資金調達にもCTOとして貢献し、現在にいたる。
専門家:黒田 悠介

サーキュレーションの登録NOMAD
日本のキャリアの多様性を高めるために自分自身を実験台にしている文系フリーランス。ハットとメガネがトレードマーク。
ハットとメガネがトレードマーク。ベンチャー社員×2→起業→キャリアカウンセラー→フリーランスというキャリア。
主な生業はインサイトハッカー(プロインタビュアー)とディスカッションパートナー(壁打ち相手)で、新規事業の立ち上げを支援しています。
個人では「文系フリーランスって食べていけるの?」というメディアを運営。
ノマドジャーナル編集部
専門家と1時間相談できるサービスX-bookを介して、企業の課題を手軽に解決します。業界リサーチから経営相談、新規事業のブレストまで幅広い形の事例を情報発信していきます。