ビジネスにおいてマーケティングは重要

「簡単にいうとマーケティングとはどういうことだろう?」とビジネスマンの方なら、一度は考えた経験がありませんか。仕事においてよく使われている言葉ですが、理解されていなかったり、本質がわかっていないことが多いのではないでしょうか。

今回は、マーケティングについて、定義からブランディングまでをみていきます。

確認しよう!マーケティングの定義と方法

マーケティングの定義を、市場調査や商品、サービスのプロモーションのことだとイメージされる人がいますが、それらはマーケティングの機能の一部を指すものに過ぎません。

正確にマーケティングを定義すると、「企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である」
日本マーケティング協会による定義を引用

この表現だと難しくて理解しにくいと思われるかもしれないので、もっとシンプルでわかりやすく表現すると、「売れる仕組み」「儲かり続ける仕組み」と言えます。

またマーケティングの方法としては、プロダクトマネジメント、価格戦略、プロモーション&コミュニケーション、マーケティングリサーチ、ダイレクトマーケティングなどの手法があります。

マーケティング活動とプロセス

まずは市場を調査することから始まる

マーケティング活動のプロセスは、まずは市場を調査することからスタートします。顧客や消費者が求めているものを知り、売れる商品を開発するためには必要なことです。具体的には消費者へのアンケートの実施や、公的機関の統計データのリサーチなどにより行ないます。

商品認知のために広告宣伝を行う

よい商品を作ったら、次に行なうのが広告活動。その具体的な方法としては、テレビなどのマスメディアへ広告出稿をはじめ、インターネット広告の出稿です。

効果を検証する

最後に行なうのが、一連の活動が商品の売上げに貢献しているのか検証。すべての活動にかかった経費とそれによって上がった売上げを算出して、費用対効果を把握。

マーケティング戦略と戦術について

マーケティング戦略とは

まず戦略とは、目標を達成するために方針や道筋のことをいいます。マーケティング戦略で表現すると、どんな価値を・誰に・どのように差別化していくという大きな方針です。

たとえば食品メーカーが新商品をヒットさせるために、商品コンセプトはどうするか、ターゲットは誰か、いつ発売するのかなどになります。

マーケティングにおける戦術とは

一方で戦術とは、戦略によって決められた大枠を達成するための具体的な手段や方法です。マーケティングに当てはめて、具体例で説明します。

20代の後半の独身OL女性をターゲットにしたお菓子の新商品を発売する時のプロモーション活動で、どのようなメディア媒体を使って宣伝していけば、目標を達成できるのかを考えることが戦術にあたります。

マーケティングとブランディングの違い

マーケティングの役わりとは

マーケティングの役わりとは、企業の商品やサービスに対するイメージをどのようにして伝えるかということ。自社商品・サーッビスの見せ方を考え、潜在的な顧客をどのように獲得していくかのかがマーケティングです。

さらには既存の顧客へのアプローチだけでなく、新たに市場を作ったり開拓したりして顧客を獲得していくのも、マーケティングの役わりとされています。

ブランティングの役わりとは

ブランティングは、企業価値を高めることに直接的な関係のあることです。ここでの企業価値とは、数値やお金であらわすことが難しい、他社により模倣することのできないものを意味します。

たとえばトヨタの新しいプリウスが発売される情報が出ると、すぐに予約が殺到しまうということがあります。このような行動を消費者がとるのは、消費者の心に中にある企業に対するイメージがあるからです。

マーケター注目のマーケティング手法

1. マーケティングオートメーション

マーケティングオートメーションとは、マーケターが人力で作業していた業務を、ツールを導入することで自動・効率化させる手法です。日本では、世界でサービスを展開している「マルケト」や、フロムスクラッチ社の「b→dash」が企業に導入されています。

2. コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、自社サービスサイトに顧客にとって価値ある記事や動画を提供することで、自社サービスの顧客になりそうなユーザーを獲得するマーケティング手法です。

3. インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、SNSで影響力のある個人に自社商品をPRしてもらう手法。一般的には、自社商品を提供し、SNSで商品写真を投稿してもらうケースが多いです。またイベントなどの場合は、当日の様子について投稿してもらうケースもあります。

4. オムニチャンネル

オムニチャンネルとは、顧客が購入できるチャンネルを途切れることなく、つなげていくことを強調した小売りのアプローチのことです。具体的にはテレビ、ラジオ、カタログ、DMをインターネット通販などへ途切れることなく、つなげていくマーケティング手法を意味します。

ビジネスにおいてマーケティングは欠かせない

マーケティングの定義やブランディングとの違い。そして注目されている、マーケティング手法について解説してきました。

現代のビジネスにおいて、マーケティングを一切行わずに企業活動をしていくことが難しくなっています。企業の目標を達成するためにも、日々のマーケテティング活動をしっかりと取り組んでいきましょう。